1歳の誕生日!プレゼントや飾り付けなど準備したものまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、yukiです。

先日、娘が1歳の誕生日を迎えました。

昨年の今頃はまだお腹の中にいたんだなぁ…と思いながら、また、この世界に出てきてから1年も経つんだぁ…と感慨深いものを感じながら、誕生日の準備をしました。

今回は、わが家で準備をしたプレゼントや飾り付けなどをご紹介します

目次

1. プレゼントには『はじめてずかん100』

プレゼントには『タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん100 英語つき』を用意しました。

タッチペンで写真をタッチすると、日本語/英語で名前を読み上げてくれ、動物の鳴き声やパトカーのサイレン音なども聞こえてきます。

クイズがあったり歌に合わせて楽器を鳴らせたり、私たち大人が知らない英単語が含まれていたりもするので、大人も楽しめる図鑑。

「夫婦で図鑑を見ていると娘が近づいてきて一緒に見る」というのが、最近のわが家でよくある光景のひとつになりました。

1歳になってからはじめて開きましたが、タッチペンを振り回しながら歩いたり、口に入れたり…という場面はあるものの、ペンで写真を指して音を鳴らすこともできています◎

作りもしっかりしているし長く遊べそうなので、1歳のプレゼントとして選んでよかったです☆

2. 一升餅ではなく『一升米』

1歳のお誕生日に一升の重さのお餅を背負わせて、子どもの健やかな成長を祈るという昔から伝わるイベント

親戚の子どもが一升餅を背負って泣いている姿を見たことがあり、これはぜひしたいなぁと思っていましたが、大量のおもちはなかなか食べ切れない…。

ということで、わが家ではお餅の代わりにお米を背負わせる『一生米』を選びました。

楽天で購入した『一生米』、付属品もすごくたくさん入ってるんです!

こんなに入ってます

  • いっしょう幸せ米 500g×3袋
  • お名前シール(お米の袋に貼る用)
  • バースデーポスター(モノトーンにしました)
  • 風呂敷(ナップサックも選択可)
  • 選び取りカード(+400円で名前入りのクラシックなバージョンにしてもらいました)
  • ガーランドキット

主役のお米は3袋に分かれているので、両親などお世話になった人にもおすそ分け可能♪

お名前のシールをお米の裏に貼りました。

当日は、付属の風呂敷でお米を包みました!

背中にくくりつけるところまではスムーズだったのですが。

しっかり歩ける娘でも、お米の重さには耐えられず…結局一度も立てず、泣いて終わりとなりました。

これもいい思い出です♡

つきたて新鮮便 〜三代目 米人
¥3,280 (2024/07/08 02:29時点 | 楽天市場調べ)

3. 古くからあるお祝い行事『選び取り』

選び取りは、アイテムを並べたりカゴに入れたりして、子どもが取ったもので将来どんな人になるかを占う儀式のこと。

こちらも1歳の記念に行う伝統行事です

最近では実物ではなくカードを用いることが多いようなので、『一生米』についていたカードを使わせてもらいました。

+400円で名前入り&クラシックバージョンにしてもらえます♡

並べたカードの上を何度もまたぎながら往復し、最後の最後に選んだのは「Painting Tools」。

どうやら娘はアーティストの卵だそうです。

4. 飾り付けは『バルーン&ガーランド』

誕生日直前に「バルーンを飾ろう!」と思い立ち、バルーンの数が多そうなものをYahooで見つけて購入。

「1」の数字はこちらで購入しました。

大人ふたりで黙々とバルーンを膨らませ、お誕生日の前日に飾り付けをしました。

「バルーンで飾り付けするなんて、センスもないし…」と思っていましたが、いざやってみるととても簡単。

  • バルーンはいくつかのまとまりにして床に置くだけ
  • バウンサーに、裏が白いブランケットをかけて座らせる
  • テーブルの方はいつも使っているハイチェア(ドレスを付属のテーブルにかぶせると見えなくなる)
  • 壁にバルーンを貼るときは魔法のテープを使う(両面テープでもいいと思います)

わが家に常備している魔法のテープ。どんな場所でも使えるので重宝しています

バルーンのまとめ方はこちらを参考にさせていただきました↓

5. はじめての『手作りケーキ 』

誕生日当日は保育園でお誕生日ケーキを用意してもらったので、後日義理の両親が来たときにケーキを手作りしてみました。

お菓子作りなんて高校生ぶり…という私でしたが、なんとかそれっぽいものを作れた…かな。

見た目はイマイチでも味は美味しかったようで、大きなお口でパクパク食べてくれました♥︎

私も味見してみましたが、あっさりヘルシーなお味!

大人が食べても美味しかった♡

わが家では甘いお菓子をまだあげていないので、お誕生日ではない普通の日に、こういうケーキを作ってあげるのもいいなぁと思っています♪

6. 家族の記念を残す『手形アート』

1歳の記念になるものを…と探していたときに見つけたもの。

家族全員の手形を重ねて残せるというものです。

中にはインクも入っているので、このキットだけで素敵な思い出が残せます

7. スタジオ撮影

お宮参りのときからお世話になっているスタジオへ。

先日、出来上がったものを取りに行きましたが、この一年での成長っぷりがすごい。

顔つきなどももちろん変わっていますが、一歳まではサービスで足形も取ってくれるのでどれくらい大きくなったかが一目で分かります!

まとめ

誕生日は誰にでも毎年訪れるものですが、この世に生まれて一年を無事に過ごしてくれたという意味で、一歳のお誕生日というのは親にとって特別なものではないでしょうか。

今回は、一歳のお誕生日に向けてわが家で準備したことをご紹介しましたが、もっと華やかなパーティーをしたいと思う人もいらっしゃれば、もっとシンプルにお祝いしたいと思う方もいらっしゃると思います。

それぞれのご家庭のスタイルで、お子さんの成長をお祝いする幸せな1日になることをお祈りします*.+゜

\子育て日記はこちら/

\愛用品はこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳、0歳の女児の母。2022年5月よりフルタイムワーママになりましたが、現在は第二子の育休中。風通しよくスッキリと、好きなものに囲まれて心地よく暮らしたい。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次