キッチン周りの予防掃除5選!汚れる前のひと手間で、掃除が断然楽になった

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、yukiです。

料理をする方であれば、キッチンは家の中で一番汚れがたまりやすい場所ではないでしょうか。

キッチンを使ったあと、毎回キレイにしていれば気持ちいい状態をキープできるということは分かっていますが、汚れがたまってきたなと感じたり、手が届きにくい場所だと思うと面倒になり、ついつい掃除を先延ばしにしてしまうんですよね。

そんなズボラな私ですが、なんとか楽に掃除ができないかと調べていたところ、「予防掃除」にたどり着きました。

掃除が断然楽になる予防掃除、キッチン編。

引越し直後に、わが家で実践したことをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 掃除にかける時間を少しでも減らしたい
  • 汚れを気にせずキッチンを使いたい
  • 楽に掃除ができれば幸せ!
目次

汚れをためない予防掃除

「予防掃除」というのは、汚れる前に予防をして、汚れをためにくくする仕組みのこと。

新居へ引越した直後など、汚れがつく前に仕組みを作ることで、そのあとの掃除がぐ〜んと楽になります。

「もうすでに汚れている…」という方でも大丈夫。

一度気合いを入れて掃除した上で予防掃除をしておくと、そのあとが本当に楽になります◎

キッチンの予防掃除5選

では、わが家で実践した予防掃除を5つご紹介します。

1. レンジフード(換気扇):フィルターを貼る

レンジフードにはもともと金属のフィルターが付いていますが、炒めものなどをすると油でギトギトになってしまうんですよね…。

レンジフードフィルターをつけていれば汚れたらポイッと捨てて交換するだけ。お掃除が断然楽になります!

レンジフードにはいろいろなタイプがあるので、自宅のレンジフードに合うフィルターを探します。

わが家のレンジフードは深型タイプ

こういうタイプです

この形に合うものをダイソーで購入しました。

レンジフードに磁石がくっつくタイプであれば取り付け可能。

使用方法

中にはこちらが入っていました。

  • フィルター 3枚
  • 面ファスナー 2つ
  • 磁石 4つ

両面テープ付きの面ファスナー半分に切って4つにし、レンジフード側に取り付け。

4つ入っていた磁石は、吸気口の四隅にフィルターの上から止めました

フィルターを選ぶときは、取り替えが簡単にできるかという点もチェックしたいところ。取替方法がややこしいものや手間がかかるものを選んでしまうと、取り替えすること自体が億劫になります。

2. コンロ周り:フレームカバーをはめる

次はコンロまわり。

ビルトインコンロの場合、フチの下に少しすき間がありますが、油を使うことが多い場所なので油にまみれた食材などが詰まりやすいんですよね。

ここに汚れが詰まると爪楊枝でかき出さないとキレイにならないので、お掃除が大変。。

以前住んでいた家では、こちらのフレームカバーを使っていました。

同じものを買おうとしていたところ、ダイソーでこんなものを発見。

IHコンロ用という表記はあるものの「すき間を埋めるという使い方は同じだからいけるでしょ」と買ってみました。

コンロの奥側を起点にして、コンロのすき間にはめ込んでいきます。

最後の部分は壁側に埋め込んで完成!

…と思ったけど、ちゃんとハマったか何となく確信が持てなかったので、メンディングテープを上から貼ってカバーがわりに。

正直なところ、以前使っていたものの方が、お値段もする分しっかりカバーされていた感じはします。が、メンディングテープで覆ったことで拭きやすくなったので、予防掃除の効果はUPしたのではないかなと思います。

3. コーキング部分:メンディングテープを貼る

コーキングというのは、キッチンや洗面所、お風呂周りにも使われている白いゴムのような部分のこと。

コーキング(英: caulking)は、建築物において、気密性や防水性向上を目的として、隙間を目地材などで充填すること。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここって、ホコリが溜まりやすいのに掃除がしにくい…と感じていました。

そこで!

コーキング部分にメンディングテープを貼り付け、掃除をしやすくしました。

ここに汚れがついてもサッと拭けばキレイになるし、汚くなったら貼り替えればいいだけ。「困ったらメンディングテープ」というくらい、わが家ではかなり重宝しています。

メンディングテープは長年スコッチを愛用!

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す

4. 排水溝:ふたを外してネットをつける

排水溝にはもともとフタがついていましたが、外しちゃいました。

そして、ゴミ受けのカゴにダイソーで買ったネットをはめています。

前の家では、溜まったゴミを隠しておきたい…とフタは付けていましたが、外すことのメリットの方が多い!

  • ゴミが見えることで、ネットを頻繁に取り替えるようになったので衛生的!
  • ネットを取り替えるので臭いもしない
  • フタの掃除が不要

お恥ずかしながら、以前はゴミが溜まりすぎて水が流れにくくなってからネットを取り替える…というズボラさだったので、こまめに取り替えることができる仕組みを作れてよかったです◎

5. 冷蔵庫の上:サランラップを貼る

冷蔵庫の上は、かなりホコリがたまります。

その上、手が届かないので掃除もしにくいので、ついつい放置してしまいがち。

サランラップを貼っていれば、ホコリがたまったな〜と思ったらくるくるまとめてポイッとするだけなので、掃除らしい掃除も不要です。

冷蔵庫上部には排気口がある場合が多く、排気口をふさいでしまうと電気代が上がったり故障の原因になることも多いそう。お使いの冷蔵庫の取扱説明書をチェックした上で、排気口以外をカバーすることをオススメします!

キッチンの予防掃除まとめ

キッチンでは油を使うことも多く、しつこい汚れやベタベタした汚れが溜まりがちなので、キッチンは予防掃除の中でも特にオススメのエリアです。

新居に引っ越したときはもちろん、長く住んでいる家でも一度キレイにしてから予防掃除をしておくことで、その後の掃除がかな〜り楽になると思います^^

どなたかのご参考になれば嬉しいです^^

\子育て日記はこちら/

\愛用品はこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳、0歳の女児の母。2022年5月よりフルタイムワーママになりましたが、現在は第二子の育休中。風通しよくスッキリと、好きなものに囲まれて心地よく暮らしたい。

コメント

コメントする

目次