2023/5/21(日)今週の作り置き

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、yukiです。

突然ですが、第二子を妊娠しました。

ツラかったつわりも終わり、作り置きを再開。

日中の気持ち悪さは治ったものの、食べたいものには偏りがある今(妊娠4ヶ月)。

わたしはその日に食べたいもの(たいてい麺類)を買ったり作ったりするため、自分で作ったものはあまり食べませんが、夫は放っておくとお昼も夜もお弁当ばかり食べるので、いつもより少なめですが作りました。

目次

今週作ったもの

今週は、メイン3種類、副菜5種類を作りました。(平日3〜4日分)

  1. 鶏肉とエリンギのさっぱり煮 →ホットクック
  2. ピーマンとカニカマの中華煮浸し →ホットクック
  3. 豚肉麻婆茄子→ホットクック
  4. ブロッコリーのおかか塩昆布和え→ホットクック
  5. 大学いも→ホットクック
  6. 麻婆春雨 →フライパン
  7. 豚の生姜焼き →ホットクック
  8. 雷こんにゃく →フライパン

かかった時間と手順

約1ヶ月ぶりの作り置きでリハビリということもあり、今回は手順も時間も記録なし。

今回のポイント

1. ホットクックで作るメニューを多めにした

普段は「食べたいもの」&「作るツール」の組み合わせで作るものを考え、たいてい前日に買い物へ行きます。

でも今回は久々なのと、妊娠で疲れやすくなっていることもあり、時間がかかってもいいからホットクック多めで作ることに。

結果、バタバタすることなく作り終えました^^

2. 娘ごはんは少しだけ作る&保育園にお任せする

今回作った中で娘が食べるのは生姜焼き、ブロッコリーサラダ、大学いも

娘が2歳になり、大人と同じごはんを食べられるようになったのはありがたいですが、今のわたしの状態がとにかく疲れやすい……。

ということで、娘が食べるごはんのことを気にしなくてもいいように、夫が在宅勤務の日には、これまで残業したときのみお願いしていた保育園の夕食サービスを使わせてもらうことに。

夕方〜夜のスケジュールはこんな感じになりました

  1. 仕事を終え、ひとりで家に帰って先にごはんを食べる。(タイミングが合えば夫と一緒に食べるけど、ほぼ別々)
  2. 保育園で夕食を済ませた娘を迎えに行く
  3. 帰宅と同時にお風呂に入る
  4. お風呂から上がったら娘と遊ぶ
  5. 歯みがきをして寝る

夫が出社のときは、これまでと同じ時間に迎えにいき、お風呂に入ってから娘と二人でごはんを食べますが、今のところ週2日くらいなので、娘ごはんがない…!といった事態には陥っていません。

これも、軽食ではなくちゃんとした夕食を提供してくれる認証保育園のサービスがあるからこそ!栄養たっぷりのごはんを娘に食べさせてくれる保育園には、もう足を向けて寝られません。

反省点

久しぶりに作った割には普通に作れたかな。

ただ、ゆっくり無理なく作ったつもりなのにやはり午後は疲れて寝てしまったので、しばらくは体調を見ながら疲れすぎないペースで続けていこうと思っています。

わが家で使っているホットクック

2.4Lのものを使用しています

オススメの保存容器はこちら

iwakiの保存容器は蓋も電子レンジOK!温めるときもラップいらずでエコだし、洗い物も減らせます

ニトリの耐熱ガラス保存容器。大きさの種類が豊富で手に入れやすいところが魅力

ジップロックのコンテナには、油汚れや匂い移りが気にならなさそうな料理を入れます

おすすめのホットクック本

わたしが参考にしているホットクックのレシピが載っている本をご紹介します。

レシピをストックしている数No.1!

このシリーズはシンプルなレシピが多く、重宝しています☆

ホットクックといえば勝間和代さん。この本を読んでホットクックを買うことに決めました

楽天Kobo電子書籍ストア

\子育て日記はこちら/

\愛用品はこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳、0歳の女児の母。2022年5月よりフルタイムワーママになりましたが、現在は第二子の育休中。風通しよくスッキリと、好きなものに囲まれて心地よく暮らしたい。

コメント

コメントする

目次